2018年2月27日火曜日

興味深い心理学卒業論文:思春期の睡眠と大学生の自尊感情について

玉川大学教育学部教育学科の小泉緑さんから,卒論が完成したとの連絡があった。SPSSを用いた統計データ解析について私が指導したので,末尾に謝辞を頂き,私自身も嬉しい。

玉川大学教育学部
平成29年度卒業研究論文
指導担当 高平小百合教授

思春期の睡眠と大学生の自尊感情について

教育学部教育学科
小泉 緑

大学生を対象にして,中学時代と現在の睡眠状況が,現在の自尊感情と社会的スキルにどのように影響しているかを分析したものである。

睡眠の質は Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI),社会的スキルは Kiss-18,自尊感情は Rosenberg 尺度に基づいて測定された。小泉さんからデータを渡されたとき,これらの尺度について私も知っていたので,非常に興味を覚えた。特に, Rosenberg 尺度は,日本でも非常に多くの研究で使われている。ただし,社会的スキルは有意な違いが出ないのではないか,という予感がした。

因子分析(主因子法,プロマックス回転)を行い,社会的スキルについては,4個の因子(感情抑制,高度なコミュニケーション,初歩的なコミュニケーション,計画)を抽出し,自尊感情については2個の因子(自尊心,自己拒否)を抽出した。

社会的スキルについては,やはり,いずれの因子も睡眠障害とは有意な関連を認めなかった。一方で,自尊感情尺度の自己拒否因子には,睡眠障害と有意な関連が認められた。睡眠障害があると,自己拒否の傾向が強くなるのである。しかも,中学時代には睡眠障害が無く,大学生になってからそれが現れると,自己拒否感が強くなるのである。なお,多重比較では,、Ryan-Einot-Gabriel-Welsch 検定が用いられた。

小泉さんのデータが見事に活用され,苦労が報われた研究結果と言えよう。

平成29年度に,私が卒論の統計データ解析を指導した二人は,偶然にも心理学分野だった。もう一つの卒論は,以下のページ参照

その他の統計学上の話題は,私の研究室の解説リスト参照