2016年6月30日木曜日

標準偏差に ± を付けるな!: 医療論文に多い?


統計量として,平均と標準偏差を示すのに,
平均 ± 標準偏差
あるいは
mean ± sd
と書く例が,時々見られる。

特に医療関係の論文に多いような気がするが,気のせいだろうか?

例えば,次の論文

庄司雅紀・恩田光子・岩出賢太郎・荒川行生 (2015)
降圧剤服用患者におけるお薬手帳の持参割合および手帳シールの貼付割合に影響を及ぼす要因
医療薬学, 41(3), 139-146.

その p. 143 の表 3 や 4 で,マンホイットニー U 検定やクラスカル・ウォリス検定を行なう統計量として
平均 ± 標準偏差
という記述がなされている。

しかし,よく考えてほしい。

通常,± は,範囲や区間を表すものである。例えば,体温計に,± 0.1 ℃ と書かれていたら,その範囲の誤差という意味だろう。

では,論文や報告書で,
平均 ± 標準偏差
と書かれていたら,それは平均の上下に,標準偏差のぶんだけ取った区間に注目せよ,という意味なのだろうか?

しかし,このような範囲を考えても,たいした意義があるとは思えない。実際には,「平均と標準偏差」の意味で,± 記号が用いられている気がする。

日本語論文では,あまり,この問題が指摘されていないが,海外の論文では,ズバリ指摘しているものがある。

例えば,以下のもの。
Jaykaran, P. Y., Chavda, N., & Kantharia, N. D. (2010)
Some issue related to the reporting of statistics in clinical trials published in Indian medical journals: A Survey
International Journal of Pharmacology, 6(4), 354-359.

その p. 357 右段

Instead of writing Mean ± SD the better way of representation is Mean (SD)

つまり,± を使わずに,平均(標準偏差)とするほうが良い,と書かれている。

同様なことは,以下の著名な医学統計の著書にも書かれている。
Altman DG (1991) Practical statistics for medical research. London, Chapman and Hall.

その p.42 の DATA PRESENTATION

It is common to put the SD in brackets after the mean.
mean ± SD, as in ‘their mean diastolic blood pressure was 102.3 ± 11.9 mmHg’, should be avoided

このような主張は,個人的な著書に留まらない。例えば,米国生理学会(American Physiological Society)の論文執筆ガイドライン

Curran-Everett, D., & Benos, D. J. (2004)
Guidelines for reporting statistics in journals published by the American Physiological Society
Journal of Applied Physiology. 97(2), 457-459

その p. 458 左段下
The symbol ± is superfluous: a standard deviation is a single positive number. Report a standard deviation with notation of this form: 115 mmHg (SD 10 ).
(SD) と書くべし,といった調子で書かれている。

日本の論文でも,平均と標準偏差の表記を改めて考え直したほうが良い。

その他の統計学上の話題は,私の研究室の解説リスト参照