2016年3月25日金曜日

雪景色の象神崖(岡谷市横河川・菅の沢):糸魚川-静岡構造線との関連?


3月1日,アップルランド・デリシア岡谷店の南側入り口から見た象神崖の遠景である。

象神崖(岡谷市横河川・菅の沢)をアップルランド・デリシア岡谷店から臨む。

岡谷市の地形・地質学的ランドマークと言える崖崩れ跡である。諏訪の自然誌・地質編(諏訪教育会,1975)によると,北西-南東に伸びる象神崖断層が確認された場所でもあり,雪が積もっている時期は,特に,目立つ。

グーグルマップでも,その崖崩れの様子が,はっきりと分かる。赤線が,諏訪の自然誌・地質編に記された象神崖断層。



象神崖断層のような横河川上流を横切る NW-SE 方向の断層は,塩嶺層が堆積した第四紀後半以降に活動したものでろう。諏訪盆地を横切る糸魚川-静岡構造線系の活断層の歴史を考える上でも興味深い。

しかし,この地形に,デリシア岡谷店に出入りする人々は,ほとんど気づかないようで残念だ。