2013年10月29日火曜日

朝日新聞「声」:メダカ放せる場所、どこに?生態保護に無関心な小学校の話

**********************
2014年11月16日追記

このブログ記事は,メダカを放したい,と考えた小学生に,適切なサポートを与えられなかった学校や教員,さらにはその教育体制を批判したものです。その生徒を批判したものではありません。この生徒が放流以前に,新聞で広く助言を求めたことは,非常に適切なことであり,優れた発想だったと思います。


**********************

朝日新聞10月21日の「声」欄に,東京都の小学生の
「メダカ放せる場所、どこに?」
という質問が掲載された。

かつて自分が野外で採集したメダカに加え,ペットショップで買ったメダカが繁殖し,100匹を越え,飼育しきれなくなったので,放流できる場所を教えてほしい,という内容だった。

「メダカが卵を次々に産んで育てられる川や池を探しています」,という一文に,彼の気持ちが現れている。

これに対して,在来メダカを保護している専門家から,反対の意見が述べられた。

1人は,NPO法人四街道メダカの会・原田功氏
飼育メダカ自然に放さないで

もう1人は,葛西臨海水族園職員・多田諭氏
「『東京めだか』守るためにも」

いずれも在来種保護の立場から,飼育メダカを安易に放流しないよう助言している。

いわゆる「生物多様性保全」の立場から考えれば,当然の助言なのである。

しかし,である。飼育動物を安易に野外に放さないということは,学校がきちんと教えるべきことなのである。小学校低学年のうちに,そのような生物多様性保全の教育をするべきなのである。

12歳の彼が,そのような質問を発したということは,彼が通う小学校では,全くそのような教育がなされず,生物多様性保全に無知・無関心,勉強不足・学力不足の教員から授業を受けてきた,ということなのであろう。

確かに,在来種保護などというのは,所詮,人間が決めた人為的基準,と言い放つ人もいる。

しかしながら,2008年6月6日に公布施行された生物多様性基本法,および,2010年に名古屋で開催されたCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)を通じて,在来種の保護や外来種への対応は,世界的な重要課題となってきているのである。

例えば,生物多様性基本法の第七条では,日本国民の責務として,次のように定めている。

国民及び民間の団体の責務
第七条  国民は、基本原則にのっとり、生物の多様性の重要性を認識するとともに、その日常生活に関し、外来生物を適切に取り扱うこと及び生物の多様性に配慮した物品又は役務を選択すること等により、生物の多様性に及ぼす影響の低減及び持続可能な利用に努めるものとする。

繰り返すが,日本国民の責務として,外来生物の適切な取り扱いを考えるように,と定められているのである。

では,外来生物とは何であろうか?

2010年(平成22年)3月16日に閣議決定された生物多様性国家戦略2010のp.17に次のように書かれている。

外来種とは,野生生物の本来の移動能力を越えて,人為によって意図的・非意図的に国外や国内の他の地域から導入された生物

これを読めば,当然ながら,飼育メダカを勝手に放流すれば,それは外来種であり,生物多様性基本法に反する行為だ,と分かる。つまり,それは法律違反なのである。

在来種保護などというのは,所詮,人間が決めた人為的基準どころの話ではなく,法律として既に定まっているのである。

小学生くらいなら,男女問わず多くの人が,メダカを含む魚類に限らず,昆虫類,鳥類,爬虫類(トカゲなど),両性類(カエルなど)の飼育を,一度は経験する年代だろう。しかし,それを野外に放すというのは,もはや法律違反の時代であることを教員は生徒に教えるべきなのである。ここで言う教員とは,担任に限らず,教頭や校長であっても良いし,むしろ,そのような管理職こそ明確に述べるべき事柄なのである。

繰り返すが,生物多様性保全というのは,現代的・世界的課題なのである。しかもそれは,生き物の問題,いわば,命の問題なのである。もしこの小学校6年間で,生物多様性のセの字も教えてもらえなかったのならば,そんなボンクラ教員だらけの学校は,さっさとオサラバしたほうが良い。

子供たちによる魚類やホタル類の放流が美談のように語られる場面が,新聞やテレビに出ることがある。しかし少なくとも,それが生態系にとって問題が無いと言えるのか,放流前に勉強し議論すべき事柄なのである。この「声」欄がある朝日新聞のボンクラ東京本社写真部ボンクラ記者・武井宏之氏のように,意図的とも思えるような,辰野町の外来ホタル賛美記事もまた,生物多様性保全の教育を阻む一因となっている。

メダカやホタルの安易な放流を知ったら,マスメディアは,その現場で,あるいは記事で,きちんと問題点を伝えるべきなのである。それが報道としての責務である。


参照
辰野の移入(外来)ホタル 生物多様性の喪失へ
長野県辰野のホタル再考: 観光用の移入蛍で絶滅した地元蛍 松尾峡ほたる祭りの背景にあるもの
ノーテンキな朝日新聞記者のつぶやき

2013年10月22日火曜日

共産党もやはり支持,辰野町長選,現町長が支持する加島範久氏が無投票当選


辰野町長選は,現職や共産党が支持する新人の加島範久氏が無投票当選(長野日報,10月23日)した。

現町長の矢ヶ崎克彦氏は,松尾峡の移入外来ホタル問題には,無関心どころか,無視の姿勢で町長の職を終える。

加島氏は,かつて町役場職員だったので,松尾峡の移入外来ホタル問題には,何ら進展が期待できないであろう。

現町長の矢ヶ崎克彦氏は,この加島氏を支持し,「後継者として適任」と述べ,5選出馬を辞退した。

共産党も加島氏を支持(たつの新聞,10/22)して,無投票当選となったわけだが,矢ヶ崎町政を支持してきた共産党だから,当然の結果とも言える。

矢ヶ崎氏は,自民党を支持する町長であるが,その路線を支えてきたのが共産党なのだから,びっくりする。

少なくとも,松尾峡問題に関しては,対策も採らなければ,観光客にも明かさない,という矢ヶ崎氏の政策に,共産党は全面的賛成をしてきた。

繰り返すが,移入外来ホタルのことは明かさない,地元のホタルを増やしてきた,と説明する矢ヶ崎町政を,共産党は支持してきたのである。

共産党の「共」は,移入外来ホタル問題を共に隠そう,のかと皮肉りたくなった。

参照
長野県辰野のホタル再考: 観光用の移入蛍で絶滅した地元蛍 松尾峡ほたる祭りの背景にあるもの

辰野の移入(外来)ホタル 生物多様性の喪失へ


2013年10月8日火曜日

第9回信州ホタル保護連絡会 無事終了


9月29日,平成25年度・第9回信州ホタル保護連絡会,小谷村・白馬乗鞍交流センター「ちゃんめろ」で開催された。

下の地図に場所を示したが,google mapでは,場所が分らない!公共施設なのだから,googleもしっかりやってほしい!


より大きな地図で 白馬乗鞍交流センター「ちゃんめろ」 を表示

この連絡会は,開催地周辺のホタル生息状況やその保護を発表するとともに,県内各地のホタル保護団体の活動や問題点を語り合う場である。

















小谷村・白馬乗鞍交流センター「ちゃんめろ」


信州ホタル保護連絡会の会議にしては珍しく,開催地・小谷村の松本久志村長が出席,挨拶された。ただ残念だったのは,松本村長のブログに,この会のことが全く記されてないことである。もう少し,村民にも信州ホタル保護連絡会をPRして欲しかった。






















右が小谷村村長・松本久志さん,
左が司会の長野ホタルの会・小林功さん。


もちろん,わが恩師であり,長野ホタルの会・会長の三石暉弥先生の講演もあった。志賀高原・石の湯ゲンジボタルの調査研究で,ずっとお世話になっている。

















三石暉弥先生の講演。

会議の中で,いくつかのホタル保護団体から,ホタルがなかなか増えないとか,減ってしまって回復しない,という悩みが出た。それに対して,私と三石先生が主張したのは,根気良くホタルの生息状況を見守ってほしい,ということであった。

辰野町のように,観光用だから,町おこしだからといって,安易に県外から移入し,それをさらに増殖させようとしないでくれと,皆に要請した。

長野県辰野のホタル再考: 観光用の移入蛍で絶滅した地元蛍 松尾峡ほたる祭りの背景にあるもの

会議の中で,長野県内各地のホタル保護団体共通の悩みも浮き彫りになった。

その一つは,若い人がホタル保護活動になかなか参加しない,というものであった。ほたる祭りだの,町おこしだの,観光や経済でメリットがあれば,さあ若者の出番だ,ということにもなるだろうが,そんなメリットが無ければ,ホタルを真っ当に保護していこうなどと,老若男女問わず,誰でもそう思わないのかもしれない。

全国ホタル研究会や長野ホタルの会も高齢化?してしまいそうな予感もある。

もうひとつの共通な悩みというのが,クマの出現であった。これは,西日本ではあまり出てこない悩みかもしれないが,中部地方以北では,問題となる状況である。

私個人としては,ホタルもクマも守りたい,というのが,率直な気持ちである。


2013年10月4日金曜日

ノーテンキな朝日新聞記者のつぶやき


*******************
追記 2015年11月14日土曜日

朝日新聞が書く統計学的データの解説には,記述が正しくないもの存在する。それに関しては,私が書いた統計解説を参照。
母数(パラメータ)の意味を理解していない,あるいは,統計学的な素養が欠如する人が,今春大卒2割、進路未定 学部間差、最大5倍という記事を書いているのである。日本を代表する新聞が書く記事としては,お粗末である。

「母数」の意味は大学初級レベルであり,このような不適切な記述を見ると,科学記事のみならず,統計学的データが使われる様々な記事での,朝日新聞の信頼性を疑いたくなる。

*************
原文 2013年10月4日金曜日

真実を伝えようと努力しない朝日新聞記者の話である。

少し前の話だが,今年の朝日新聞にも,辰野町松尾峡のゲンジボタルの写真と記事が掲載された(朝日新聞デジタル2013年6月19日)。

しかしながら,ここのゲンジボタルが移入外来種であることは全く触れられていないのである。松尾峡では,関西から観光用に大量移入された外来ゲンジボタルが養殖されている。それをおそらく知っての上で,敢えて「東日本有数の生息地」などと平気で言ってのける新聞記事がここにある。笑えない笑い話か,ふざけた冗談かと思うような記事である。

朝日新聞は,2008年6月17日長野・中南27面(田中洋一記者)で,本種が県外から人為的に移入放流されたものであり,生物多様性保全上問題があることを指摘しているのである。

これは過去の問題ではない。現在でも,辰野町役場,町長,町議会は,養殖中の外来ゲンジボタルへの対処法を何ら検討することなく,それが周辺の在来ゲンジボタルに与える影響も全く無視しているのである。しかも役場・町長・町議会は,この外来種の移入の歴史や問題点を観光客に隠すことを前提にして,辰野ほたる祭りを実施し続けている。

前町長・矢ヶ崎克彦氏,現町長・加島範久氏,町議・根橋俊夫氏(共産党),同じく町議・三堀善業氏らの言動を見聞きすれば,外来種ホタルであることを隠して入場料徴収という辰野町の行為が,詐欺まがいであるかのように感じる。

つまり,この外来ゲンジボタルの問題は,何ら状況が変わっていないのである。

ところが,朝日新聞の記者のツイートを見て驚いてしまった。呆れてしまった。情けなくなった。

朝日新聞東京本社写真部(@asahi_photo)(2013年6月19日14:00)


武井宏之・朝日新聞記者(@97hiro1024)(2013年6月19日15:53)

繰り返すが,松尾峡の移入外来ゲンジボタルに関しては,田中洋一記者が生息地を現地取材し,役場から説明を受けて記事を書いた2008年から,何一つ状況は変わっていない。2010年に名古屋でCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)が開催され,在来種保護も国際的な重要なテーマとなったが,それを経ても,なお辰野町は変わろうとしないのである。生物多様性保全を目的とする生物多様性基本法の観点からすれば,松尾峡の現状は違法状態であると言える(辰野の移入(外来)ホタルを参照)。

それどころか,辰野町役場や議会は何ら検討すらしていない,無視を決め込んでいるのである。辰野町松尾峡で,この朝日新聞写真のような多数のゲンジボタルが見られるのは,大量の外来ゲンジボタルを業者から購入したり譲渡されたりして,移入放流した結果なのである。

県外から大量のゲンジボタルを買ったり,譲り受けたりし,それを放流・増殖させたから,現在,「東日本有数のホタル生息地」となっているのである。これも正確に言えば,「日本最大の外来ホタル養殖地」なのである

それなのに朝日新聞記者は,何事もなかったかのように風情に浸ったコメントを残している。のんきなものである。これでは,町が隠そうとしている外来種でのホタル祭り観光事業を,大新聞・朝日が手助けしているようなものではないか?

繰り返すが,松尾峡のゲンジボタルが人為的に移入された外来種であることを,辰野町は意図的に隠しているのである。観光客に渡すパンフレットや,辰野町観光サイトでは,ゲンジボタルを県外の業者から大量移入して増やしたことも,それが在来(天然)ゲンジボタルに悪影響を与えていることも,一言も語っていない。外来ホタル養殖とその弊害を,きちんと公表し,その改善策を町内外の多くの人に考えてもらうように,辰野町に私(井口豊)が何度要望しても,町役場はイヤだと言うのである(例えば,JanJan 2010-2-22記事参照)。

辰野町観光サイトを読むと分かるが,いかにも松尾峡にいた天然のゲンジボタルを守り育てて増やしたかのような自画自賛的な観光名所として,松尾峡のホタルを紹介している。このような事実を隠蔽した辰野町の説明と,上記のような朝日新聞記事や記者ツイートを読んで,果たして,何人の人が,この町で今なお続けられている,観光産業優先の生態系破壊の問題に気づくだろうか?このような問題を放置して変わらぬ行政や政治家の姿勢を,多少なりとも大衆に伝えていくのが新聞社の使命だと私は思う。

情けない,本当に情けない。こんな朝日新聞のつぶやきは,私には,「ノーテンキ」という言葉しか思い浮かばない。

斎藤美奈子氏が,朝日新聞紙面批評(9/10)で,「他紙ならスルーしかねない話題をイヤミったらしく(?)追究し、話題を喚起するのは朝日のお家芸だが,新聞使命は批判しにくい案件にも果敢に切り込むこと」,と述べている。

辰野の外来移入ホタル問題は,まさに後者の問題なのである。辰野町の行政や政治家と同様に,この問題に知らん顔して,「虫たちの物語」だの,「詩的表現」だの,悦に入ったコメントを残す記者の気持ちが私には分らない。新聞記者として品性を欠く,と言ったら,言いすぎだろうか?しかし,このようなコメントを残す人物は新聞記者を辞めて,小説家か芸能人にでもなったほうが良い。

特に辰野町を批判してくれというのではない。しかし,今見るここのゲンジボタルの乱舞は,紛れも無く人為的外来種なのである。それをせめて一言,文面に添えて真実を読者に伝えてほしかったし,そのような観点からのツイートもしてほしかった。

まさか,町を少しでも批判するのに腰が引けて,あのような自画自賛の誌的?コメントをしたわけではないと思いたいが・・

武井宏之記者らは,松尾峡のゲンジボタルが人為的に移入された外来種と知った上で,それに全く触れなかったのか,あるいは,それを知らなかったのか,是非教えて欲しいものである。

もし外来ゲンジボタルだと知った上で,それに一言も触れないのだとしたら,あまりにも読者を愚弄した態度ではないか。移入外来種を愛でる程度のことしか書けない記者は,物事の一面しか見ることが出来ないだろう。そのような人物が書く記事は信頼できない。

参照
長野県辰野のホタル再考: 観光用の移入蛍で絶滅した地元蛍 松尾峡ほたる祭りの背景にあるもの

朝日新聞と辰野町: 食の偽装と外来ホタル養殖

***********************
2014年9月14日追記

福島原発事故・吉田調書や慰安婦問題を巡って,記事取り消しだの,謝罪だのと醜態を見せている朝日新聞社の様子を見ると,辰野の外来種ホタルに関しても,正確な情報を伝えようとしない武井宏之記者らは,やはり,同じ穴のムジナ記者だなと感じる。

************************
2014年11月1日追記

松尾峡の外来種ゲンジボタルと鴻ノ田の在来種(天然)ゲンジボタルの比較動画が,fukuokadonax氏によって,YouTubeに投稿れている。この鴻ノ田こそ,前述の朝日新聞・田中洋一記者が現地取材した在来種ゲンジボタル生息地である。